Live Schedule

Blog Facebook Twitter
Massage & Photo

Discography

鈴木央紹カルテット CDアルバム
Standards++

鈴木 央紹(すずきひさつぐ)
Jazz Saxophone Player

1972年11月22日大阪市生まれ。サックス奏者である父親の影響を受け4歳よりピアノ、作曲を始め、10歳よりサックスを始める。ジャズを独学で始め、16歳の時より演奏活動を開始、17歳の時「AXIA MUSIC AUDITION」においてAXIA賞 Instrumental部門Grand Prixを受賞。大阪音楽大学音楽学部サックス科卒業、クラシックを前田昌宏氏に師事する傍ら、在学中よりクラシックの他、ジャズでの演奏活動も行う。

現在、自己のリーダーバンド、鈴木央紹カルテットの他、「ルパン三世」等の音楽作曲で有名なピアニスト大野雄二 率いる「Yuji Ohno&Lupintic Six」を始め、原大力グループ、土岐英史バンド、古野光昭グループ等に参加。

海外のミュージシャンとの共演も多く、Benny Green、Lonnie Plaxico、Rodney Green、Conrad Herwig、 Ron Carter、 Salena Jones、Kenny Washington、Peter Washington、Lewis Nash等多数、その信頼も厚い

また、青紀ひかりやWoong San等、CDプロデュースワーク、楽曲アレンジ等でも「スタジオ協会録音賞」や「ゴールドディスク賞」を受賞するなど、高い評価を受けている。

そのほか数々のセッション、レコーディング、近藤房之助やZARDのサポート等、ジャンルを超え幅広く活動中。

2009年2月25日、大野雄二プロデュースによるメジャーデビューアルバム「Passage Of Day」をVAPよりリリース。

2014年12月3日には鈴木央紹カルテット名義でのリーダーアルバム「Standards++」をT5ジャズレコードよりリリース。

■History
1972年11月
大阪市生まれ。
1976年
サックス奏者である父親の影響を受けピアノを始める。
この頃から作曲法も学ぶ。
1982年
ピアノと並行し、アルトサックスを始める。
1984年
クラシックサックスを前田昌宏氏に師事、
またJazzを独学で始める。
1995年
大阪音楽大学音楽学部サックス科卒業。
1999年9月
韓国においても演奏活動を始め、「韓日米Jazzフェスティバル」にリーダーバンドで出演。
2001年3月
韓国国営放送KBSのジャズプログラム「Jazz Club」出演。
2002年6月
日野皓正グループで
「ヤマハ・ジャズ・フェスティバルin浜松」出演。
2003年4月
日野皓正New Directionバンド参加。
2004年
ZARDコンサートツアー参加。以後、追悼ライブにも参加。
2005年11月
リーダーカルテットに Lewis Nash(dr)をゲストに迎えライブ。
2006年1月
活動拠点を東京に移す。
2006年4月
大野雄二&Lupintic Fiveに参加。
2009年2月
リーダーアルバム「Passage Of Day」をVAPよりリリース。
2011年9月
「金沢ジャズフェスティヴァル」にリーダーカルテットで出演。
2014年12月
鈴木央紹カルテット名義で
リーダーアルバム「Standards++」をリリース。
2016年4月
大野雄二&Lupintic Sixに参加。
現在もCD制作他、日本全国でコンサート活動中。

Hisatsugu Suzuki Plays RESERVE reeds.